神経

 2019

表面

裏面
0 ★
No. 表面 裏面
1

認知症の診断にCTやMRIが用いられる理由を2つ述べよ。

治療可能な認知症との鑑別、脳萎縮の評価

2

ピック病は老年期よりも( )に問題となる人格の変容を伴う認知症である。

初老期

3

ピック病は( )認知症の代表例である

前頭側頭型

4

認知症と鑑別すべき脳外科疾患を1つ挙げよ。

正常圧水頭症

5

認知症の症状が出た女性。MRI、CT所見で脳に異常を認めない。しかし、血液生化学検査でT3、T4の低値を認めた。この女性の病名は?

甲状腺機能低下症

6

レビー小体型認知症では初期には( )障害が目立たず幻覚、特に( )が目立つ例がみられる。

記憶、幻視

7

レビー小体型認知症では、運動症状として( )がみられ、自律神経障害として( )がみられることが特徴である。

パーキンソニズム、起立性低血圧

8

レビー小体型認知症では、脳血流シンチでは( )が特徴的である。

後頭葉の血流低下

9

アルツハイマ―型認知症では記憶障害に加えて時間の( )障害が初期から見られることが特徴的であり、

見当識

10

アルツハイマー型認知症の病理的特徴は( )と( )である。

老人斑、神経原線維変化

11

知能障害の外来でできる検査を2つ答えよ

改訂長谷川式簡易知能評価スケール、2MMSE

12

下腿を持ち上げて膝関節を伸展しようとすると膝が屈曲し、強い抵抗にあってまっすぐに伸ばすことができない、この徴候は?

ケルニッヒ徴候

13

ケルニッヒ徴候は、()の診察の1つ

髄膜刺激徴候

14

尺骨神経麻痺では()がおこる

鷲手変形

15

頸静脈孔を通る脳神経は?

舌咽神経、迷走神経、副神経

16

アキレス腱反射で収縮する筋肉は?

腓腹筋

17

末梢神経障害があると、アキレス腱反射は()する

減弱・消失

18

関節運動が可能であるが重力に抗した動きができない時、MMTは

19

軽度~中等度の意識水準の低下を背景として、精神運動興奮を伴う状態をなんという?

せん妄

20

知能が獲得される以前に脳に障害が起き、知能が獲得できなかった状態を( )という

精神発達遅滞

21

麻痺、運動失調などの運動障害がなく、かつ、行うべき動作を理解しているにもかかわらず、これを行うことができない状態を()という

失行

22

()は認知症の前段階というべき状態。

軽度認知障害(MCI)

23

眼球運動に関与する脳神経は?

動眼神経、滑車神経、外転神経

24

眼底所見について、()所見を示している。矢印は()、矢頭は( )である。

眼底、乳頭、黄斑

25

Chaddock反応陽性

教科書

26

運動失調の病変部位の推測には()が有用である。

Romberg徴候

27

Romberg徴候では、()では陽性、( )では陰性である

感覚性運動失調、小脳性運動失調

28

意識の維持のためには脳幹部の( )が重要である

脳幹網様体

29

C5支配の領域はどこか

教科書確認

30

重症筋無力症でみられる振幅を( )という

waning

31

( )覚を用いた誘発電位を視覚誘発電位VEPという。

視覚

32

末梢神経伝導検査で脱髄を示唆する所見を2つ

伝導ブロック、時間的分散

33

通常、神経生検に用いられる神経は( )神経である。

腓腹神経

34

脳脊髄液検査の禁忌を3つ

頭蓋内圧亢進症状が見られる場合
穿刺部に感染創がある場合
強い出血傾向がある場合

35

脳脊髄液検査の頻度の高い合併症は?

頭痛

36

MRIで脳室内の脳脊髄液はT2強調像では( )として観察される。

高信号域

37

末梢神経伝導検査で伝導ブロックと時間的分散をきたす末梢神経障害の病態は()である。

脱髄

38

正常の脳脊髄液の外観の色は( )である

無色透明

39

正中神経の運動神経伝導検査を行う際に、電気刺激部位として適切なのを2つ選びなさい。

教科書確認

40

神経再支配が行われるとMUPの振幅は( )になる

高振幅

41

針筋電図で安静時に認める脱神経電位を2つ。

線維性収縮、陽性鋭波

42

健常者で安静閉眼時に出現する脳波は?

α波

43

ギラン・バレー症候群の治療法を2つあげよ

血液浄化療法、免疫グロブリン大量静注療法

44

ポリニューロパチーでは、腱反射はどうなるか?

低下または消失

45

示指と中指がピリッとする、Tinel徴候をしめすのは?

手根管症候群

46

ビタミンB12欠乏症で起こる疾患は?

亜急性脊髄連合変性症

47

ギラン・バレー症候群の先行感染の病原体として有名なのは?

カンピロバクター・ジェジュニ

48

CIDP=慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の治療法3つ

血液浄化療法、免疫グロブリン大量静注療法、副腎皮質ステロイド薬

49

末梢神経障害の基本病型を3つあげよ

単神経障害、多発性単神経障害、多発神経障害

50

ビタミンB1欠乏症で生じる臨床表現型は?2つ

脚気、ウェルニッケ脳症

51

亜急性脊髄連合変性症(V12欠乏)は、脊髄の( )が障害される。

後索と側索

52

後索と側索が障害されることで、()と()が出現する。

深部感覚障害と錐体路症状

53

VitaminB12吸収障害は内因子の欠乏によるが、何が主な原因?

内因子抗体、胃切除、回腸切除

54

亜急性脊髄連合変性症の検査は?2つ

大球性貧血、血中vitaminB12低値

55

中枢神経の髄鞘を作る細胞は( )である

乏突起膠細胞

56

先進諸国でもっとも患者数の多い末梢神経障害の原因は?

糖尿病

57

下垂手は( )麻痺の症状であり、( )中毒の重要な症状のひとつである

橈骨神経、鉛

58

血管炎によるニューロパチーは、ニューロパチーの3つの類型のうち( )の形をとる

多発性単神経障害

59

家族性アミロイドポリニューロパチーは血中( )の異常が原因である

トランスサイレチン

60

シャルコー・マリー・トゥース病1型

教科書確認

61

シンナー中毒患者では( )の増加がある。

尿中馬尿酸

62

キノホルムの服用によって生じる中毒性疾患は?

スモン

63

スモンの主要な神経病変部位は?

視神経と脊髄

64

ANCA関連血管炎を3つ述べよ。

顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

65

筋強直性ジストロフィーに特徴的な所見は?

叩打性ミオトニア

66

筋強直性ジストロフィーでは、筋力低下は四肢( )筋から始まる萎縮と( )が特徴である

遠位、ミオトニア

67

翼状肩甲が観察される疾患は?

顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

68

このような乳児をフロッピーインファントという

教科書確認

69

Duchenne型筋ジストロフィーの遺伝形成は( )である。

伴性劣性遺伝

70

筋疾患で上昇する酵素を4つ挙げよ。

CK、aldolase、AST、ALT

71

皮膚筋炎で見られる関節伸側の皮疹は?

Gottron徴候

72

酵素補充療法が有効な糖原病は?

Pompe病

73

Pompe病の治療は?

α-グルコシダーゼ静注製剤による酵素補充

74

血中抗アクアポリン4抗体陽性となる疾患

視神経脊髄炎

75

視神経脊髄炎の急性期の治療は?

ステロイドパルス、血液浄化

76

ブラウン・セカール症候群では病変部位以下の( )側の温痛覚が麻痺する。

反対側

77

ブラウン・セカール症候群では脊髄障害側の( 7 )感覚が麻痺する

教科書

78

急性散在性脳脊髄炎の急性期の治療は?

副腎皮質ステロイド・パルス療法

79

多発性硬化症の臨床経過として、症状の増悪と寛解を繰り返す再発寛解型でスタートし、経過中に増悪寛解のエピソードがはっきりしなくなり、慢性進行性の経過をとるものを( )という。

二次進行型

80

多発性硬化症の再発防止のための治療薬として、現在本邦で使用可能な薬剤を述べよ

教科書確認

81

視神経脊髄炎(NMO)は、アストロサイトを標的とした自己免疫性炎症性疾患と考えられており、多くの患者は疾患特異的抗体である( )が陽性となる。

アクアポリン4抗体

82

視神経脊髄炎NMOの急性増悪時の治療として、副腎皮質ステロイド・パルス療法のほか、( )が推奨されている。

血液浄化療法

83

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)は、急性発症の中枢神経系の炎症性・脱髄性疾患であるが、多発性硬化症が多相性であるのに対し、ADEMは( )である

単相性 

84

脱髄とは有髄神経の( )が障害されることである。

髄鞘

85

()徴候は、頸髄、特に後索に脱髄巣がある患者でよく観察される徴候で、頸部を自動的、あるいは他動的に( )させると、背部から臀部あるいは下肢に向かって電気が走るような強いびりびり感を自覚する。

レルミット徴候、前屈

86

多発性硬化症の再発予防に用いられるが、視神経脊髄炎の病勢を悪化させると考えられる薬剤をあげよ。 

フィンゴリモド

87

縮瞳、瞼裂狭小、眼球陥没の3徴候からなる症候群で、同側の顔面の発汗低下を加える場合もあるのは?

ホルネル症候群

88

重症筋無力症患者では( )を効率に合併

胸腺腫

89

重症筋無力症に合併しやすい自己免疫疾患を二つ答えよ

甲状腺機能亢進症、橋本病

90

重症筋無力症のクリーゼで最優先に行うことは?

呼吸の管理・確保 (気管内挿管または気管切開)

91

重症筋無力症に関する抗体を2つあげよ。

抗AChR抗体、抗MuSK抗体

92

重症筋無力症のMGFA分類でclassⅠは( )型である

眼筋

93

抗AChR抗体陽性MGの50-60%は( )、( )などの眼症状で発症する。

眼瞼下垂、複視

94

重症筋無力症の治療薬を3つ挙げよ。

副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制剤、抗コリンエステラーゼ剤

95

重症筋無力症のクリーゼには( )クリーゼと( )クリーゼがある。

筋無力症、コリン作動性

96

MGの両方のクリーゼに効果がある治療法は?

血漿交換

97

ランバート・イートン筋無力症候群は中高年男性に多く、合併する悪性腫瘍でもっともおおいのは?

肺小細胞癌

98

重症筋無力症は臨床的に( )型と( )型に分けられる。

眼筋、全身

99

重症筋無力症では、反復誘発筋電図5Hz刺激にて(  )を認める

waining

100

ランバートイートン筋無力症では反復誘発筋電図20Hz刺激にて、( )を認める

waxing

101

重症筋無力症で治療薬の中核をなすものは?

副腎皮質ステロイド薬

102

パーキンソン病は、( )の神経細胞が脱落して生じる、( )疾患

中脳黒質、神経変性

103

PDでは()へのドーパミン刺激が不足する

線条体

104

PDでは、長期間の内服治療に伴い、薬効が短縮する(  )現象や、症状の急激な日内変動( )、不随運動である( )、精神症状である( )などが問題

wearing off、on-off現象、ジスキネジア、幻覚/妄想

105

姿勢時振戦は意識をすることで、振戦の程度は( )することが特徴的であり( )との鑑別を要す。

増強、甲状腺機能亢進症

106

姿勢時振戦(本態性振戦)の治療は?

βブロッカー(propranolol)、抗てんかん薬(diazepam)

107

パーキンソニズムは、(  )や(  )を特徴とする神経徴候である

無動、筋強剛

108

パーキンソニズムをきたす変性疾患を4つ。

パーキンソン病、
多系統萎縮症
進行性核上性麻痺
大脳基底核変性症

109

パーキンソニズムをきたす非変性疾患は?

脳血管障害
正常圧水頭症
一酸化炭素中毒
マンガン中毒

110

PDの代表的な治療薬は?4種

レポドパ、ドーパミン作動薬、MAO-B阻害薬、抗コリン薬

111

PDの検査を2つ

ドーパミントランスポーターシンチグラフィー
I-MIBG心筋シンチグラフィー

112

小脳に向かう血管を3つあげよ。

後下小脳動脈PICA
前下小脳動脈AICA
上小脳動脈SCA

113

CHADS2スコア

教科書で確認

114

穿通枝梗塞の中でも穿通枝の入り口部分が閉塞することによっておこる疾患は?

BAD(branch atheromatous disease)

115

脳梗塞超急性期の診断で非常に有用な検査は頭部MRIの何?

拡散強調画像

116

アテローム血栓性脳梗塞のリスクファクターを5つ

高血圧、加齢、糖尿病、高脂血症、喫煙

117

ラクナ梗塞はレンズ核線条体動脈や視床穿通動脈領域の大脳基底核、内包、視床や脳底動脈傍正中動脈領域の橋に好発する( )cm以内の脳梗塞をいう。

1,5

118

小脳へ向かう動脈(後下小脳動脈、前下小脳動脈、上小脳動脈)は何から分岐?

椎骨脳底動脈

119

ラクナ梗塞の最大のリスクファクターは?

高血圧

120

主要血管2本の両方から血液供給を受けている境界領域が陥る脳梗塞であり、その2本の血管に同時に循環不全がおこることにより生じる血行力学的脳梗塞は?

分水嶺梗塞

121

分水嶺梗塞の発症機序は?

血行力学的脳梗塞

122

ワレンベルグ症候群の典型例では患側の(  )、患側の( )、患側の( )、患側の( )、反対側の( )を生じる。

患側の顔面温・痛覚障害、
患側のHornel症候群
患側の上下肢運動失調
患側の軟口蓋挙上不良、回転性めまい
反対側の体幹・上下肢の温痛覚障害

123

脳梗塞の3大病型のうち出血性梗塞をきたしやすいのは何と何?

塞栓性と心原性脳塞

124

脳血流量が低下しており、神経細胞が死んではいないものの機能不全を生じている部位のことをなんというか。

ペナンブラ

125

アテローム血栓性脳梗塞の慢性期の再発予防としてわが国で用いられる抗血小板薬を2つ挙げよ。

アスピリン、
クロピドグレル

126

ウェルニッケ脳症は(  )、( )、( )、を起こす。ビタミンB1の欠乏で生じる

意識障害、
眼球運動障害、
運動失調

127

起立・座位により出現ないしは増悪する頭痛が中核症状で脳が下に偏位するので、脳神経が圧迫されて、耳鳴り、めまいが起きる

脳脊髄液減少症

128

脳脊髄液減少症で、安静臥床と補液で軽快しないとき、何をする?

ブラッドパッチ療法(自分の血液の凝固因子)

129

肝障害で認められやすい不随意運動は?

asterixis

130

緊張型頭痛の片頭痛との相違点は?

吐き気・嘔吐や感覚過敏は通常伴わない、
日常生活で悪化しない

131

両側性!に頭を締め付けられるような痛みが生じる一次性頭痛は( )頭痛

緊張性頭痛

132

緊張性頭痛は( )頭痛である

一次性

133

片頭痛は( )の有無で2系に分けられる

前兆

134

一側性で、一過性の激痛が眼窩部を中心に生じ、同側の自律神経症状を伴う一次性頭痛は?

群発頭痛

135

群発頭痛は、眼窩部の病変がⅤnの第一枝を通じて〇を活性化している

副交感神経

136

亜急性脊髄連合変性症は何の不足で生じるか?

ビタミンB12

137

片頭痛の急性期に最も有用な治療薬は?

トリプタン製剤

138

血清スフィンゴミエリン中の極長鎖脂肪酸が増加する疾患は?

副腎白質ジストロフィー

139

副腎白質ジストロフィーの遺伝形式は?

伴性劣性遺伝

140

副腎白質ジストロフィーでは神経障害のあまり進んでいない例に限定されるが、唯一期待できる治療法は?

造血幹細胞移植

141

ウィルソン病で、血清で低値が認められるのは?

セルロプラスミン

142

ライソゾーム病によくみられる眼底所見は?

Cherry red spot

143

5-フルオロウラシル(5-FU)、メトトキサレートなどの薬物による神経障害は?

白質脳症

144

瞳孔を観察するとムスカリン作用で縮瞳がみられる中毒は?

有機リン中毒

145

上肢、とくに橈骨神経領域にアクセントをもつ運動性ニューロパチーを示す中毒は

鉛中毒

146

鉛中毒において特徴的な障害神経

橈骨神経領域

147

慢性経過で小脳の萎縮をきたす原因を3つあげよ

神経変性疾患
慢性アルコール中毒
悪性腫瘍の遠隔効果

148

感覚障害を伴わずに四肢筋力低下を呈する神経疾患を2つ書け

筋萎縮性側索硬化症
球脊髄性筋萎縮症

149

脊髄小脳失調症(SCD)には( )のものと非(  )のものがある。

遺伝性

150

SCDの遺伝性のものの発症分類は?

トリプレットリピート病

151

ALSの臨床診断で重要な役割を果たす電気生理学的検査は?

針筋電図

152

ALSの治療は対症療法が中心であるが、( )への対応が特に大切。

呼吸不全

153

多発性硬化症で神経組織に異常沈着するタンパク質は?

α-シヌクレイン

154

癌性髄膜炎では脳脊髄液検査において細胞数は(  )し、糖は( )する。

細胞数は増加し、糖は低下する

155

髄膜炎患者の髄液のグラム染色で肺炎球菌と診断。治療は(  )の対策のために()も投与する

耐性菌対策のために、バンコマイシン

156

細菌性髄膜炎の脳脊髄液検査の特徴は?

多形核白血球優位の細胞数上昇
糖が低下

157

細菌性髄膜炎では、不十分な抗生剤治療後では細胞が(  )優位になることがある。

単核球

158

成人発症の細菌性髄膜炎の起炎菌として最も多いものは?

肺炎球菌、あと髄膜炎菌

159

β-Dグルカンが上昇しない真菌性髄膜炎は?

クリプトコッカス髄膜炎

160

成人の真菌性髄膜炎で多いものは

クリプトコッカス髄膜炎

161

髄膜炎の4徴を述べよ。 

頭痛、発熱、嘔吐、髄膜刺激症候

162

ウイルス性髄膜炎の髄液検査で特徴は?

糖が低下しないこと

163

単純ヘルペスウイルスによる脳炎の治療薬は?診断を待たずに治療を開始する。

アシクロビル

164

結核性髄膜炎でが迅速で有効な検査は?

100PCR 検査

165

脳波検査でてんかんを疑う波形は?

棘波、(棘徐波複合など)

166

安静閉眼時に後頭葉中心に出現する正常脳波は?

α波

167

てんかんの部分発作の第一選択薬で新規のものは?2つ

ラモトリギン
トビラマート

168

(  )発作とてんかん発作の識別はビデオ脳波モニタリングを行う

心因

169

遅発性てんかんでは原因疾患がみられることが多いが、その原因は?2つ

脳炎、脳腫瘍

170

部分発作の第1選択薬は?
最近は新規抗てんかん薬の( ラモトリギン )(トビラマート )がある。

カルバマゼピン

171

てんかんの治療で、全般発作の第一選択薬は?

バルプロ酸

172

両側聴神経障害をきたしやすいのは、神経線維腫何型?

173

前脊髄動脈症で保たれるのは?

深部感覚

174

大血管炎を来す疾患は?

高安動脈炎、側頭動脈炎

175

トーチ(TORCH)症候群の原因疾患は?

先天性トキソプラズマ症、
先天梅毒、HIV
先天性風疹症候群、
巨細胞封入体症、
新生児ヘルペス

176

母斑症では主にどの組織に病変が現れる?

神経と皮膚

177

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の3主徴は?

気管支喘息、
好酸球増加、
血管炎症候群

178

巨細胞性動脈炎で侵されやすい血管は?

側頭動脈、眼動脈

179

神経サルコイドーシスの代表的治療薬は?

副腎皮質ステロイド薬

180

神経ベーチェットではMRIでどの部位に病変が出現しやすい?

脳幹部

181

頸椎では脊椎の高さより脊髄のレベルが高いが、その差はどれくらい?

1.5椎体分

182

脊髄血管障害で運動麻痺が出現するのは?

前脊髄動脈症候群

183

脊髄動静脈奇形の中で最も頻度が高く、中高年の男性に多いのは?

脊髄硬膜動静脈瘻

184

脊髄空洞症の解離性感覚障害で障害されるのは?

温痛覚のみ

185

後脊髄動脈症候群で保たれる感覚は?

温痛覚

186

三叉神経障害をきたしやすい膠原病は?

混合性結合組織病

187

前兆のない片頭痛の3つの診断基準は?

陽性徴候、感覚障害、失語性の言語障害

188

片頭痛の前兆は?

閃輝性暗転

189

片頭痛の治療薬は?

痛み止め→アセトアミノフェン、NSAIDs, トリプタン製剤(選択的セロトニン作動薬)

190

群発頭痛の治療薬は?

トリプタン製剤

191

二次性頭痛で最も多いのは?

脳脊髄液減少症(頭部外傷がおおい)

192

脳脊髄液減少症では特に何神経の障害が大きい?

Ⅷ(耳鳴り、難聴、回転性めまい)
Ⅴ(顔面痛、顔面しびれ)

193

ニコチン酸欠乏症(ペラグラ)の3徴は?

Dermatitis, Diarrhea, Dementia

194

Pellagraの皮膚炎は()の刺激で出現する

日光

195

低血糖症の2つの症状は?

交感神経刺激症状、中枢神経症状

196

hyperthyroidismではどんな振戦?

左右対称性の姿勢時振戦

197

GPAの病変が頻発する3か所は?

鼻、上気道、肺(の壊死性肉芽種病変)
他に、腎の壊死性半月体形成も

198

MPAのニューロパチーの種類は?

multiple mononeuropathy

199

EGPAの3徴は

気管支喘息、好酸球増多、血管炎症候群

200

EGPAの治療は?

ステロイドが著効。IL-5 monoclonal Ab(最近)

201

小動脈をターゲットとする血管炎によるもので、結節性紅斑、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、ブドウ膜炎などを起こすのは?

ベーチェット病

202

MRIで脳幹全体にわたるべっとりした病変がみられるのは

神経ベーチェット

203

ベーチェット病の禁忌薬は

シクロスポリン、タクロリムス

204

原因不明、単一臓器の血管炎、頭痛をきたすのは

原発性中枢神経血管炎

205

サルコイドーシスの神経症状では()、()、()

中枢神経、末梢神経、筋

206

サルコイドーシスの治療薬は

ステロイド(経口、パルス)

207

末梢神経サルコイドーシスの脳神経麻痺でもっとも侵されやすいのは?

視神経