31年春季ITパスポート

表面

裏面
0 ★
No. 表面 裏面
1

スコープ(プロジェクトスコープ)

プロジェクトの実施範囲を定義したもの
成果物を作成するために必要な全ての作業が含まれる

2

ジャストインタイム

必要な物を、必要なときに、必要な量だけ生産するという考え方。在庫の無駄をなくし生産を最適化する目的がある。

3

カンバン

”かんばん”と呼ばれる伝票を工程間でやり取りすることで、工程内の仕掛品の最小化を図り、生産コストを削減する手法。

4

リーン生産方式

生産工程に潜む無駄を徹底的に取り除くことを重視した生産方式 
※リーン=筋肉質の

5

公益通報者保護法

労働者が労務を提供している事業所の犯罪行為、刑罰につながる法令違反事実を通報したことを契機とする、事業所から通報者への不利益な扱いを防止することを目的とする法律

6

オンプレミス

サーバー・ネットワーク・ソフトウェアを自社で導入・運用すること
自社運用の事

7

機密性

決められた人だけが対象のデータにアクセスできるようにすること

8

情報セキュリティポリシーの三階層とは

実施手順(プロシージャー)・対策基準(スタンダード)・基本方針(ポリシー)

9

LPWA

LP:Lowpower=省電力、WA:WideArea=広範囲な無線通信規格
伝送速度は遅いものの、wi-fiやBluetoothが届かない数キロメートル間通信をカバーする

10

チャットボット

相手からのメッセージに対してテキストや音声でリアルタイムに応答するようにプログラムされたソフトウェア

11

ゲーミフィケーション

日常の様々な活動にゲーム要素を仕掛けることで、サービスや製品への愛着を利用者に持たせ、より多く使用してもらう仕組み

12

コーポレートブランド

ステークホルダが企業に対して抱くイメージや信頼度から得られる、その企業がもつブランド力のこと

13

MOT(Mabagement Of Technology)

技術に着目した経営のやり方を学ぶ学問

14

BPR(Bussiness Process Responsibility)

現在の仕事のやり方を根本的な部分から見直すこと

15

CSR(Corporate Social Responsibility)

企業の社会的責任。企業の責任を従来からの経済的・法的責任に加えて、企業に対して利害関係のあるステークホルダーにまで広げた考え方

16

SLA(Service Level Agreement)

ITサービス提供者とITサービス利用者の間で交わされる、サービス品質保証に関する合意もしくは契約文書

17

グループウェア

組織内での情報の管理や共有にコンピュータネットワークを活用し、組織を効率的に運用することを目的としたソフトウェア

18

ワークフローシステム

電子化された申請書や通知書をあらかじめ決められた決済手順に従い、関係者にデリバリーし、決済処理するまでを提供するシステム

19

PPM(Product Portfolio Management)

経営分析のやり方のひとつ。負け犬、問題児、金のなる木、花形のどこに該当するかを考えること

20

花形

[成長率:高、占有率:高]
占有率・成長率ともに高く、脂質の流入も大きいが、成長に伴い占有率の維持には多額の資金の投入を必要とする分野

21

金のなる木

[成長率:低、占有率:高]
市場の成長がないため追加の投資が必要ではなく、市場占有率の高さから安定した資金・利益が見込める分野

22

問題児

[成長率:高、占有率:低]
成長率は高いが占有率は低いので、花形製品とするためには多額の投資が必要となる。投資が失敗し、そのまま成長率が下がれば負け犬になってしまうため、慎重な対応を必要とする分野

23

負け犬

[成長率:低、占有率:低]
成長率、占有率がともに低く、新たな投資による利益の増加も見込めないため市場からの撤退を検討すべき分野

24

標準化

業務や製品において、共通の価格・使用・形式などを定めることをいう

25

コモディティ化

ある製品やカゴテリについてメーカや販売会社ごとの機能的・品質的な差異がごく僅かとなり、市場の製品が均一化している様子を表す

26

ユキピタス化

あらゆるものにコンピュータが組み込まれ、コンピュータ同士が協調動作をすることで、人間がコンピュータの存在を意識することなく、高い利便性を得られる様子

27

サービスデスク

利用者に対して「単一の窓口」
様々な問い合わせを受け付け、その解決までの記録を一元管理すると同時に問題解決を行う適切な部門・あるいはプロセスへの引継ぎを担当する部門

28

関係データベースの正規化

データベースを構築する際に、表を一定のルールに従って変形・分割する処理
データ他の整合性・一貫性を確保すると同時にデータベースの保守性を高める目的で行う

29

不正指令電磁的記録に関する罪

「ウイルス作成罪」と呼ばれ、正当な理由なく、他人のコンピュータにおける実行用に供する目的でウイルスを作成・提供・取得した場合に処罰の対象となる

30

EA(Enterprise Architecture)

組織の全体最適化の観点により、業務及びシステム双方の改革を実践するために、業務及びシステムを統一的な手法でモデム化し、改善することを目的とした、設定・管理手法

31

コンプライアンス

企業倫理に基づき、ルール、マニュアル、チェックシステムなどを整備し、法令や社会規範を遵守した組織活動を行う事

32

ISMS

情報セキュリティのリスクアセスメント及びリスク対応についての要求事項を規定している。ISMSを導入する組織は、リスクマネジメントのプロセスを定めて運用しなければならない。

33

ファシリティマネジメント

組織が保有または使用する全施設資産、及びそれらの利用環境を経営戦略的視点から総合的かつ統括的に企画、管理、活用する管理手法。

34

ランサムウェア

感染したコンピュータのデータを勝手に暗号化し、データへのアクセスが制限されたユーザに対して、元に戻すための復元プログラムを買うようにせまるマルウェア ランサムには身代金の意味がある。

35

BSC(バランススコアカード)

企業のビジョンと戦略を実現するために「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」という4つの始点から業績を評価・分析する手法

36

SWOT分析

企業の置かれている経営環境を、"S"...Strength(強み)、"W"...Weakness(弱み、弱点)、"O"...Opportunity(機会)、"T"...Threat(脅威)の4つの観点から分析し、今後の戦略立案に生かす手法

37

ベンチマーキング

自社の製品・サービスおよびプロセスを定量的・定性的に測定し、それをその業界で最も成功を収めている企業の物と比較し、ギャップを把握する分析手法

38

システム化構想プロセス

経営上のニーズ、課題を確認し、新たな業務の全体像とそれを実現するためのシステム化構想を作成する

39

ERP(Enter Resource Planning)

企業の持つ資源を統合的に管理する事

40

アジャイル

作りながら考えるやり方のこと

41

要件定義プロセス

実現する組織や業務を明確にし、その業務に使用されるシステムの機能等の条件、現行業務/システムからの移行、必要な環境等を定義することで、開発対象システムや制約条件等を明示する

42

ウォーターフォール型

最初の工程から最後の工程に向かって1つずつ順番に終わらせていくやり方

43

CAD(Computer Aided Design)

コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて画面上で設計作業をすること、またはその設計システムのこと

44

要件定義プロセス

実現する組織や業務を明確にし、その業務に使用されるシステムの機能等の条件、現行業務/システムからの移行、必要な環境等を定義することで、開発対象システムや制約条件等を明示する

45

バリューチェーン分析

製品としての価値ができるまでの一連の流れを分析すること

46

システム化計画プロセス

システム化構想を具現化するために、運用や効果等の実現性を考慮したシステム化計画及びプロジェクト計画を作成し、利害関係者の合意を得る

47

システム化計画プロセス

システム化構想を具現化するために、運用や効果等の実現性を考慮したシステム化計画及びプロジェクト計画を作成し、利害関係者の合意を得る

48

システム開発プロセス

要件定義プロセスで合意された要件をシステムの技術的な要件に変換し、システム、ソフトウェア又はサービスを開発する

49

システム開発プロセス

要件定義プロセスで合意された要件をシステムの技術的な要件に変換し、システム、ソフトウェア又はサービスを開発する

50

システム開発プロセス

要件定義プロセスで合意された要件をシステムの技術的な要件に変換し、システム、ソフトウェア又はサービスを開発する

51

CMS(Content Management System)

テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことができるシステムのこと。

52

CMS(Content Management System)

テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことができるシステムのこと。

53

CMS(Content Management System)

テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことができるシステムのこと。

54

CAD(Computer Aided Design)

コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて画面上で設計作業をすること、またはその設計システムのこと

55

CAD(Computer Aided Design)

コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて画面上で設計作業をすること、またはその設計システムのこと

56

CRM(Cusromer Relatopnship Management)

顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的で良好な企業活動に役立てる経営手法

57

CRM(Cusromer Relatopnship Management)

顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的で良好な企業活動に役立てる経営手法

58

CRM(Cusromer Relatopnship Management)

顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的で良好な企業活動に役立てる経営手法

59

SFA

営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売り上げや利益の増加につなげようとする仕組み

60

SFA(Sales Force Automation)

営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売り上げや利益の増加につなげようとする仕組み

61

SFA(Sales Force Automation)

営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売り上げや利益の増加につなげようとする仕組み

62

NFC(Near Field Communication)

至近距離(数cmから1m)での無線通信について定めた国際標準規格で、非接触型ICカードの技術に基づいて開発されたもの

63

NFC(Near Field Communication)

至近距離(数cmから1m)での無線通信について定めた国際標準規格で、非接触型ICカードの技術に基づいて開発されたもの

64

NFC(Near Field Communication)

至近距離(数cmから1m)での無線通信について定めた国際標準規格で、非接触型ICカードの技術に基づいて開発されたもの